活用事例

リスクを軽減することに加えて、ピアマウンテンは、個人や幅広い業界の組織に 新たな収入源を作る機会を提供します。

  • 安全な オンライン取引
  • 情報を保管せずに 信用を確保
  • 検証可能、 ポータブル、 セキュアな個人情報
  • 即座に信用認証
  • 認証者として お金を稼ぐ
  • 企業の 一般データ保護規則 (GDPR)遵守

安全な オンライン取引

近年、世界中のアートギャラリー のEメールアカウントをハッキングし、偽の請求書を送信することで、詐欺師たちは膨大な金額を盗み出しています。

サイバー犯罪者たちはこのような手段によって、アートコレクターたちから数百万ドルを盗み出し、アートディーラーたちを失業に追い込みました。ピアマウンテンはこのようなリスクを排除します。個人情報は自主的に管理でき、分散型元帳に格納され、通信は暗号化されているので、ハッカーが取引に侵入して「仲介業者」を装って行動することはできません。

購入をするエンドユーザは、売り手と安全に取引することができ、誰かが業者になりすましたり、資金が不正なアカウントに流用されたりするなどのリスクはありません。アートディーラーは、Eメール、電話、または宅配業者への確認を必要とせずに、合意した支払いを受け取ることに確信をもってビジネスを行うことができます。

情報を保管せずに 信用を確保

ピアマウンテンは、企業が安全かつ効率的にビジネスを行うことを可能にし、各顧客の個人情報のコピーを 保持する責任とレピュテーションリスクを軽減します。

たとえば、オンライン販売の小売業者は、ホリデーシーズン前後にビジネスが急増すると予想し、その年の売上が黒字になることを期待していたとします。顧客の需要が期待を上回り、過去の販売記録を破りました。ところが、その後、経営陣は、ハッカーがシステムに侵入し、保存されていたすべての顧客情報を盗んだことを発見しました。

幸いなことに、小売業者はピアマウンテンを使用し、個人情報のコピーをそのサーバーに保管していませんでした。取引ごとに顧客は関連情報を共有するだけで、取引が完了すると情報はすぐに消失します。したがって、侵入者は価値のあるものは何も見つけられず、会社は優れた小売業者としての評判を高めます。

検証可能、 ポータブル、 セキュアな個人情報

ピアマウンテンでは、個人情報は各個人の所有となります。特許出願中のピアチェーン (PeerchainTM) 技術により、ユーザーはシステムやブロックチェーン 間で安全に個人情報を共有することができます。 つまり、ユーザーは必要に応じて、世界中の企業、政府、その他の 人々と安全かつシームレスに取引することができます。

実例として、休暇をとる旅行者を思い浮かべてみてください。最初にするべきことは、航空券の購入です。そこで、航空会社に連絡してフライトを選択します。航空会社は、この客が窓側の席を好み、プラチナ会員であるという情報をすでに持っているので、エコノミープラスのクラスで窓側の席を割り当てます。

ピアマウンテンを通じて、航空会社は顧客の年齢、国籍、ビザの状態などを確認することができます。顧客のクレジットカードでの支払いは即座に行われます。この旅行者の個人財政、国籍、年齢、個人的な好みなどの基本的な情報は、これまでに複数の当事者間で共有されていますが、本人以外は永久的に保有できません。取引が完了すると、情報は本人以外には見えなくなります。

即座に信用認証

ピアマウンテンの信用に基づく経済システムは、信用力の即時検証に役立ちます。 たとえば、ある消費者が雑誌で好ましいクレジットカードの 売り込み広告を見て、それをオンラインで申請したとします

ピアマウンテンでは、クレジットカード会社が郵便または電話で各種の書類、身分証明書、個人財政の履歴などを要求する必要はありません。消費者は、個人情報の詳細や、他のクレジットカード会社や貸し手を含む、取引したすべての企業によって提供された証言など、ピアマウンテンのエコシステムに完全でセキュアなプロフィールを持っています。したがって、クレジットカード会社が申請書を承認するのに10分もかからず、消費者は、そのクレジットカードを使用してスマートフォンで安全に購入を開始することができます。

認証者として お金を稼ぐ

認証は信用に基づくエコノミーの中核の一つです。認証とは、個人や組織が、他の当事者(ユーザー)が債務を履行したこと(あるいは不履行)を証明することです。

例えば、店舗拡張を望むレストランのオーナーは、信用金庫から融資を受けたとします。レストランオーナーがローンを返済し、信用金庫はピアマウンテンのエコシステムでこれを「認証」します。これはレストランオーナーが信用力の評判を築く上でのプラスになります。この時点から、誰かがこのオーナーのプロフィールを確認するたびに、彼についての認証を提供した人は皆、ピアマウンテンを通じて小額の支払いを受けます。

そして2年後、レストランのオーナーは別の場所に店舗を開くために新たなローンを必要とします。オーナーは他の銀行に行き、彼が以前のローンを期日通り返済したという信用金庫の認証を銀行は確認します。これに基づいて、今回の銀行も、新しい融資を承認します。この際、以前の信用金庫は、認証者として小額の支払いを受けます。さらに、新たな貸し手もまた認証者になり、信用に基づく循環的な経済活動が継続します。

企業の 一般データ保護規則 (GDPR)遵守

EUの一般データ保護規則(GDPR)は、英国を含むEU全域で発効しています。 この法律は、企業がEU 市民から集めた個人情報を保護するための包括的な サイバーセキュリティ対策の採用を要求しています

違反した企業は、年間全世界売上高の4%、または2,000万ユーロのいずれか大きい方の罰金額を課されます。一例として、GDPRはUberに最近のデータ漏洩の結果として、10億米ドル1 を超える罰金を強要することが想定されます。

ピアマウンテンは、集中化されたデータの収集、保管、処理、送信の財務的およびレピュテーションリスクを排除します。信用に基づく分散型エコシステムにより、擬似匿名での詳細な情報共有が可能になり、企業は効果的・効率的に、世界中のデータ保護規制に準拠した運営ができます。


12016 総収入に基づく。(資料:ブルームバーグ)